サイクルロゲイニング

毎年11月中旬、愛媛県は県内全域がサイクリングの日。今年は11日がその日でした。

私は第4回サイクルロゲイニング大会in北条に参加してきました。

ロゲイニングはWikipediaによると

ロゲイニング(rogaining)とは地図、コンパスを使って、山野に多数設置されたチェックポイントをできるだけ多く制限時間内にまわり、得られた点数を競う野外スポーツである。オリエンテーリングと似ているものの、チェックポイントが多数設置されていること、チェックポイントを辿る順序が決められていないなどの違いがある。

と説明されています。でサイクルロゲイニングはその自転車版です。

今日は天候も良く、最高気温も平年より3度高い21.6度、最高のロゲイニング日和でした。

今回の会場は松山市の北に隣接する北条地区。中世には河野水軍の本拠地が置かれた歴史あふれる場所です。

ロゲイニングは通常のサイクリングと違い、2~5人がチームを組んでチェックポイントを回り、スマホに決められた箇所の写真を撮って、ゴール後その写真が写ったスマホを提出して、ポイントを競います。

会場について受付をすると、チェックポイントと得点を記載した地図とその各ポイントで撮影する場所の一覧表が各チームに配られます。

 

受けて取ったらゲームはスタートです。みんなで地図を見ながら作戦会議。どのチェックポイントをどのような順序で回るか!

作戦が決まったら自転車で跨がりスタートします。

今回、私達は南側を回ることにしました。

近くまで来ているのに入口が分からず「イライラ」、チェックポイントに入っても撮影場所が分からず「ウロウロ」、道が分からず歩いている人に尋ね、体力と相談しながら、全力でポイントを探します。

今回の判断ポイントは船を使う北条鹿島。

船は30分に1本。山頂の展望台まで行けば100ポイント。しかし、案内板によると山頂までは20分。

30分で全ポイントを征服するはずが、山頂の往復だけで30分を消費、やむなく1時間島に留まることに!

それでも、最後まで諦めず走りきり、獲得ポイント1,170点。見事5位入賞しました。

会社からは2チームが参加しましたが、もう1チームは同時開催されていた「風早にぎわいレトロまつり」にはまり、ポイントそっちのけで「食べて・食べて・食べまくった」そうです。

サイクルロゲイニングはサイクリングに加え、開催される各地の名所を回れる旅の楽しさ、チームで協力しながら目標を達成する一体感、入賞したときに味わえる達成感など、お勧めのイベントです。是非、いつか参加してみて下さい。

<2018.11.11>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です